首が原因 【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム 上田康浩 解消 対策

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、元・阪神タイガーストレーニングコーチ、元・日本女子プロゴルフ協会契約トレーナーなども務めたことがある、首・肩の治療の第一人者でもある中川卓爾(なかがわ たくじ)先生の中川式【首痛・肩こり】治療法です。

健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い首や肩のこりや痛みなどが改善されており、自信を持ってお勧め致します。
中川先生ご本人による無料メール・電話カウンセリングサポートがありますし、更に返金保証もあり安心して行うことが出来ますので、一度参考にされて見て下さい。

首が原因での肩こり

肩こりは首が原因で起こることがありますね。
この場合は、筋肉の深部まで硬く緊張してしまうことで、頸椎の関節の可動域が狭くなることがあります。このように関節の動きが悪くなってしまうと、そこの筋肉の血液循環も滞って、より筋肉の深部にまでこりが進んでしまいます。

 

 

更には、既にある肩のこりや痛みが悪化してくることもありますし、首の後ろに板がついたように感じる人も出てくるでしょう。
そして、首が原因での肩こりを感じやすい部位は、後頭部から肩にかけて、肩甲骨周辺を含めた背中の上あたりです。

 

 

また、首の筋肉というのは、5〜6kgある頭部や腕の重さ(片腕で2〜3kg)を常に安定して支えることから疲労しやすいとも言え、特に繰り返しの動作をすることが首に負担が大きくかかると考えられます。

 

 

例えば、読書やパソコン、車の運転などで同じ姿勢を長時間に渡って繰り返しの動作によって負担がかかり続けます。
したがって、同じ姿勢をとり続けると首や肩甲骨周辺の筋肉に負担をかけやすくなり、血行が悪くなってきます。

 

 

また、首を前に少し傾けることは日常生活で頻繁におこないますが、そのたびに僧帽筋や肩甲拳筋などの首の筋肉は、いつもの2〜3倍働かなくてはいけなくなると言われています。
そして、それが出来なくなると、首の筋肉や関節への負担が大きくなることで、痛みなどの症状が出ることで、尚のこと首を動かすことを避けるようになり、肩のこりを進行させてしまうのです。

 

 

このようにひと口に肩こりといっても、首が原因で起こるなど、その人に応じたアプローチ方法があり、体の様々な不調から、それらが複雑に絡まって肩こりが起きているのなら、こりや痛みもかなり重症になっている可能性もあるので、単純に肩を揉んだりマッサージしただけではこりや痛みは解消されません。

 

 

こうした複雑な肩こりになるのは、肩だけでなく他の体のどこが不調をきたしているのか気づく必要があります。
人によって肩こりを解消する為に、体へアプローチが広範囲に及ぶかもしれませんが、それでも、肩のこりだけをほぐそうとするよりも、改善への一番の近道になるでしょう。

 

 

この上田康浩先生全面監修の【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム(DVD)では、無意識でしまいがちな肩に負担をかける動作例を具体的に示してあり、その改善策も紹介してあります。

また、姿勢改善や体の歪みをとるストレッチ(体操)などもあり、更に個別の症状に応じたエクササイズもありることで、より的確にアプローチし余計なことはせずに最短で肩こりや痛みを改善することが期待出来ます。

 

湿布や手術に頼ることなく、自宅で元気な肩を根本的に取り戻す治療法!

 

中川式【首痛・肩こり】治療法)の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 肩の症状別の対策 胸郭出口症候群について 本当の肩こりの原因 リンク集