【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム 上田康浩 胸郭出口症候群 症状

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、元・阪神タイガーストレーニングコーチ、元・日本女子プロゴルフ協会契約トレーナーなども務めたことがある、首・肩の治療の第一人者でもある中川卓爾(なかがわ たくじ)先生の中川式【首痛・肩こり】治療法です。

健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い首や肩のこりや痛みなどが改善されており、自信を持ってお勧め致します。
中川先生ご本人による無料メール・電話カウンセリングサポートがありますし、更に返金保証もあり安心して行うことが出来ますので、一度参考にされて見て下さい。

胸郭出口症候群の症状

胸郭出口症候群の症状である痺れは、大きく分けて骨によって圧迫される場合と、筋肉によって圧迫され胸郭出口が狭くなる場合の2つの可能性があります。

 

 

そして、それによって生じる痺れの症状の原因には、神経が直接圧迫されることで起こる痺れと、動脈が圧迫されることで、そこから先にある末梢神経への血流が悪くなることで起こる痺れの2つに大まかに別れます。

 

 

また、その部分の圧迫の程度によっても症状の強弱は違ってきますが、平均的な胸郭出口症候群の症状は、そんなに強いものではありません。

 

 

多くは、しびれなどの症状があっても持続性がなかったり、痺れがあってもそんなに強いものではないが、時に何かするとそれが強まってしまうなどの症状がある人が多いようです。
したがって、首すじや肩のこりが強くなった時に、筋肉の圧迫も強くなり胸郭出口症候群の症状でもある痺れも強まるということになります。

 

 

こうした痺れが頻繁に出てくるようになってくると、脳梗塞でも同じような痺れがあることから、不安になって慌てて病院で診察を受ける人も多いかもしれません。このように肩の症状は複雑なこともあり、自分で分からない場合尾多いので、ご自身で判断がつかない時は、専門医に相談するようにした方が良いでしょう。

 

 

ですが、痺れが出たり消えたりする程度の痺れの場合は、筋肉による圧迫が多く、骨からの持続性のある圧迫ではないので重症とは言えません。
殆どの場合は、肩や首の運動などのご自身の適切なストレッチなどのセルフケアで改善することが出来ます。

 

 

なお、心筋梗塞や狭心症、胆のう炎、高血圧、がん、脊髄腫瘍などの原因でも肩やその周辺が痛むことがありますが、【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム(DVD)では、対象範囲外になりますので、専門医を受診し適切な処置を行うようにしてもらいましょう。

 

 

生活習慣上の改善やトレーニングなどのセルフケアで良くすることが可能です!

 

中川式【首痛・肩こり】治療法)の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 肩の症状別の対策 胸郭出口症候群について 本当の肩こりの原因 リンク集