【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム 上田康浩 胸郭出口症候群 解消 対策

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、元・阪神タイガーストレーニングコーチ、元・日本女子プロゴルフ協会契約トレーナーなども務めたことがある、首・肩の治療の第一人者でもある中川卓爾(なかがわ たくじ)先生の中川式【首痛・肩こり】治療法です。

健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い首や肩のこりや痛みなどが改善されており、自信を持ってお勧め致します。
中川先生ご本人による無料メール・電話カウンセリングサポートがありますし、更に返金保証もあり安心して行うことが出来ますので、一度参考にされて見て下さい。

胸郭出口症候群とは?

胸郭出口症候群をご存じですか?
肩や首すじのこりによる痺れや痛みは、硬くなった筋肉が他の組織を圧迫することで起こりますが、その中で圧倒的に多いのが胸郭出口症候群です。

 

 

これは軽い症状のものを含めると、非常に多いのですが、一般の人はあまり聞いたことがないかもしれません。
では、そもそも胸郭出口とはどこなのでしょうか?

 

 

胸郭は、心臓や肺などを肋骨で包み込んだ組織全体を指しており、頸椎から異なる方向に分岐した自律神経は、胸郭の上部に達し、その前にある鎖骨の下側を通り、神経と並ぶように腋(わき)の方へ向かって走っています。
そして、この胸郭から離れていく部分を胸郭出口と呼んでいます。

 

 

ここには、腕に向かって神経や動脈、逆に腕から戻ってくる静脈などの神経や血管が多く集まっています。それ以外にも、鎖骨や肋骨、首を横に倒す時に主に使う斜角筋、鎖骨にかけて僧帽筋という大きな筋肉が覆っています。

 

 

このように、この胸郭出口には多くの神経や血管があり、それらが硬い骨組織や筋肉などに圧迫されやすい構造になっていることで、様々な異常によって胸郭出口が狭くなることで腕や手全体などに痺れが起こります。

 

 

この上田康浩先生全面監修の【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム(DVD)では、腕から手全体の痺れなどの胸郭出口症候群にも対応しており、肩のこりや痛みに加えて、他の部分も痛む方にもお勧めです。その他の適応症状には、頭痛、首のこりや痛み、肩甲骨周辺の痛み、背中のこりや痛み、腰痛、手首の痛み、眼精疲労、めまい・吐き気、全身倦怠感、慢性疲労等の症状改善のための専用トレーニングも盛り込んであります。

 

 

湿布や手術に頼ることなく、ご自分で元気な肩を取り戻す治療法!

 

中川式【首痛・肩こり】治療法)の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 肩の症状別の対策 胸郭出口症候群について 本当の肩こりの原因 リンク集