【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム 上田康浩 野球肩 解消 対策

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、元・阪神タイガーストレーニングコーチ、元・日本女子プロゴルフ協会契約トレーナーなども務めたことがある、首・肩の治療の第一人者でもある中川卓爾(なかがわ たくじ)先生の中川式【首痛・肩こり】治療法です。

健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い首や肩のこりや痛みなどが改善されており、自信を持ってお勧め致します。
中川先生ご本人による無料メール・電話カウンセリングサポートがありますし、更に返金保証もあり安心して行うことが出来ますので、一度参考にされて見て下さい。

野球肩の治し方と予防

野球肩でお悩みではありませんか?
野球肩は、体の歪みや偏った体の使い方が原因で起こり、肩甲骨と腕をつなぐ筋肉がたくさん集まる腱板が炎症を起こしている状態です。

 

 

症状としては、腕を水平にあげたときや後ろに振り上げたときに痛んだりします。五十肩との違いは痛みがあるが、腕は上がると言う点です。特に野球でピッチャーなどをしている子供は、自分から痛いとなかなか言い出さないことがあります。

 

 

ですが野球肩などは故障している時間が経てばたつほど回復するのに時間がかかってしまいます。

 

 

故障の予防や治し方などのケアには、体を動かす前後のストレッチが効果的です。野球肩は毎日のストレッチなどのセルフケアは毎日行ってください。

 

 

そして、野球肩や水泳肩(腱板炎)などの症状の改善する治し方としては、首、背中、胸の筋肉をほぐすことから始めます。そして最後に肩自体の筋肉をストレッチしていきます。
ストレッチを行うポイントとしては、反動などをつけずに呼吸は止めないで、時間をかけてゆっくり伸ばすようにしたり、肩の具合などを確認しながら行うことです。

 

 

また、一番簡単に出来るのがアイシングです。これも野球肩などの故障の予防などにも役立ちます。特に痛むところがなくても毎日行うことが理想です。
練習が終わってから帰宅後でも構いませんが、出来るだけ投球した後に早くに行った方が効果的です。

 

 

アイス枕や氷のうなどを使って少なくても15分程度ほど感覚がなくなるまで冷やすようにします。タオルやバンテージを使ってしっかり固定するようにして冷やすと良いでしょう。

 

 

野球肩など故障した時は、治すのに時間がかかったり、思ったように行かずにイライラすることもあるでしょうが、怪我が再発しないように焦らずじっくりと正しい方法で治すことが大切です。

 

 

この上田康浩先生全面監修の【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム(DVD)では、野球肩や水泳肩、インピンジメント症候群にも対応しており、大胸筋のストレッチ、首回し体操、痛みと反対側の広背筋や痛い側の肩甲骨、腱板などの野球肩の症状を改善するストレッチもあり、より短期間で改善効果が期待できるでしょう。

 

しつこい肩のこりや痛みに伴う様々な悩みを根本から解消!

 

中川式【首痛・肩こり】治療法)の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 肩の症状別の対策 胸郭出口症候群について 本当の肩こりの原因 リンク集