眼精疲労 原因 【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム 上田康浩 解消 対策

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、元・阪神タイガーストレーニングコーチ、元・日本女子プロゴルフ協会契約トレーナーなども務めたことがある、首・肩の治療の第一人者でもある中川卓爾(なかがわ たくじ)先生の中川式【首痛・肩こり】治療法です。

健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い首や肩のこりや痛みなどが改善されており、自信を持ってお勧め致します。
中川先生ご本人による無料メール・電話カウンセリングサポートがありますし、更に返金保証もあり安心して行うことが出来ますので、一度参考にされて見て下さい。

眼精疲労が原因による肩こり

肩こりの症状が表れはじめてから、眼がどんどん疲れやすくなり、肩のこりも酷くなってきたということはありませんか?

 

 

このような肩のこりが強くなってくると、眼精疲労などを目の症状を訴える人が増えてくるものです。
毎日のようにスマートフォンやパソコンなどを使って目を酷使していると、しだいに目の奥や後頭部などに不快な症状が表れ始めたり、頭痛、めまいなど不定愁訴に悩まされる場合も少なくありません。

 

 

目は物が見えているのが当たり前になっていることから、日頃から目がどれだけ頑張って機能しているのか、目に何かしらの症状が出なければ気をかけないものです。

 

 

そもそも私たちが物を見る時、眼はピントを合わせるために目の筋肉(毛様体筋)を使い、カメラのレンズ的役割をする水晶体を調節していいます。
この筋肉は自律神経の働きにも関わっていて、目を酷使することで自律神経のバランスも崩れてしまうことがあるのです。

 

 

この目の筋肉が酷使され続けると、肩こりを感じる範囲内の筋肉も緊張して強張ってくるのです。
また、眼精疲労していると、物が見えにくくなったり、ドライアイなどの不快な症状を招くこともあります。

 

 

そして、その不快な症状を我慢しながら日常生活を送っていれば、自律神経のバランスの乱れを長期化させる原因にもなり、更に眼精疲労からくる肩こりが酷くなってくるのです。

 

 

なお、眼精疲労による肩こりの対策としては、眼睛疲労は目を酷使することから起こるので、限界まで作業してしまう前に、こまめに休憩をとるなどして、こめかみや首、目の周りのストレッチやマッサージすることが肩こりの症状を和らげたり、解消に繋がるでしょう。

 

 

この上田康浩先生全面監修の【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム(DVD)では、眼精疲労による肩こりを解消したり、予防する為の原因別のエクササイズ(セルフヘッドマッサージ、首のストレッチ、目の周りのマッサージ)もあるので、辛い症状を緩和して、お金をかけずに根本から改善することが期待出来るでしょう。

 

しつこい肩のこりや痛みに伴う様々な悩みを根本から解消!

 

          【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム(DVD)の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 肩の症状別の対策 胸郭出口症候群について 本当の肩こりの原因 リンク集