野球 腱板損傷 治療 予防 【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム 上田康浩 対策

【上田式】肩のこり・痛み改善プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが、元・阪神タイガーストレーニングコーチ、元・日本女子プロゴルフ協会契約トレーナーなども務めたことがある、首・肩の治療の第一人者でもある中川卓爾(なかがわ たくじ)先生の中川式【首痛・肩こり】治療法です。

健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い首や肩のこりや痛みなどが改善されており、自信を持ってお勧め致します。
中川先生ご本人による無料メール・電話カウンセリングサポートがありますし、更に返金保証もあり安心して行うことが出来ますので、一度参考にされて見て下さい。

野球に多い腱板損傷(断裂)の治療と予防

腱板損傷でお悩みではありませんか?
腱板損傷(断裂)は、肩甲骨と腕をつなぐ筋肉がたくさん集まる腱板が切れてしまった状態です。加齢が原因で運動の強度に関わらず突然切れてしまうこともあります。

 

 

一方、野球のピッチャーなどのスポーツ選手に多く見られるのは棘下筋・小円筋の腱板損傷です。

 

 

棘下筋や小円筋は、肘を曲げた状態で外側に上腕を回す働きをする肩甲骨の外側にある筋肉で、野球のピツチャーの場合なら、フォロースルの際に腕が肩から抜けないように棘下筋と小円筋に歯止めが掛かります。

 

 

ところが、この続けざまの一連の動作が繰り返されると、この2つの筋肉に炎症が起こります。
つまり、歯止めのブレーキ的役割をする棘下筋と小円筋が度重なる腕の振りに耐えられず、炎症を起こしてしまうのです。

 

 

そして、リリースからフォロースルにかけて肩の後ろに痛みが出る場合は、この2つの筋肉、もしくはどちらか一方の筋肉が損傷していると考えられます。
その為、普段からトレーニングを行い、しっかり筋肉を鍛えておけば予防することが出来ます。(ゴムチューブなどを使って鍛えるのも手です。)

 

 

いずれにしても腱板損傷した場合は怪我にあたります。
急性期にあたる受傷直後は炎症を起こしますので、痛む場所を固定してアイシングを行い安静にします。
また、腱板断裂の治療には手術が必要になる場合もあります。腕を水平に保つことができないとか、物を持ったまま腕を上げることができないなどの症状がある場合です。

 

 

肩関節は自由に動かせことが出来るので、それだけ使いすぎには気をつける必要がありますね。
そして、その後の治療やリハビリ、予防は運動療法でストレッチや筋肉強化を行ってくと良いでしょう。

 

 

この上田康浩先生全面監修の【上田式】肩のこり・痛み改善プログラム(DVD)では、腱板損傷(断裂)向けののエクササイズ(トレーニング)があり、より早く改善させることが期待出来ます。

受傷直後のアイシングのやり方から、安静期間(一ヶ月)が過ぎてからのトレーニングも、DVDの映像で分かりやすく解説してあります。(大胸筋のストレッチ、首回し体操、痛みと反対側の広背筋、痛い側の肩甲骨、腱板のストレッチ、腱板の筋力強化など。)

 

中川式【首痛・肩こり】治療法)の詳細を見てみる

 

 


メジャー、プロ野球、小中高生の投手をサポートしてきたトレーナーの野球肘や野球肩などを予防・改善してケガをしないで勝てる投手になる為の体作りトレーニング(負担が少ない投球フォーム、プロ実証済みの自己ケア方法)もあります。

 

 

 
実践者の声 肩の症状別の対策 胸郭出口症候群について 本当の肩こりの原因 リンク集